短小包茎改善

短小

短小包茎で生まれる3つ悲劇

“男性器のペニスは陰茎と先端部の亀頭からなっています。

亀頭そのものは生まれた時は包皮で保護されていますが成長すると亀頭が露出します。

陰茎そのものが小さいことは短小と呼ばれ、また包皮が亀頭に被ったままの状態を包茎といいます。

短小包茎の場合の悲劇としては、短小のデメリットとしてはあまりにも小さすぎると女性器の膣への挿入ができないため妊娠させることが困難なことが一点。

また包茎でも完全に亀頭が露出しない真性包茎の場合には射精することが困難なためやはり妊娠させることが困難になります。

悲劇
そして何よりも短小包茎の場合には長さも足りませんし、包皮が被っていることによって女性に対して快感を与えることが難しいため、女性を満足させるセックスを行うこと自体が困難であることが挙げられます。

包茎の種類について徹底解説

“包茎の種類としては真性、嵌頓、仮性の3種類があります。

このうち問題があるのが真性と嵌頓です。

真性は完全に包皮が亀頭に被っている状態であり、手で剝こうとしても亀頭が露出しない状態です。

亀頭そのものが抑え込まれているので真性は陰茎の成長も阻害するため短小の原因にもなります。

一方で嵌頓は亀頭は露出するものの包皮そのものに伸縮性がなく亀頭を締め付けてしまう状態のことです。

ペニスは血液の流入によって体積を増やす勃起を起こしますが、この勃起によって送り込まれた血液を縛るような状態になるため亀頭に流入した血液が身体に戻らなくなりうっ血した状態になります。

このような状態はペニスそのものにダメージを与えることになります。

リスク

仮性の場合には手で剝こうとすれば簡単に亀頭が露出する状態のことです。

包皮そのものが多くあるため自然に剥けないだけで特に問題になるものではありませんが、包皮が被っている状態は不衛生になるため性病に感染しやすいといったリスクがあります。

ただ真性や嵌頓とは異なって子作りの問題となるとは見られていないため健康保険を使った治療は行なえません。

なお、特殊なケースとしては埋没包茎があります。

これは脂肪の中に埋まってしまうというもので、もともとペニスの長さがない人に起こりやすいものです。

このようになると包茎の問題というよりも脂肪に埋もれてしまいペニスの長さが足りず正常なセックスを行うことが困難になります。

いずれにしても病気として扱われるのは真性と嵌頓の2種類で健康保険を使って治療が可能です。

治療の基本は包皮を切除することによって亀頭を露出させるというものですが、手術をすると傷跡が残るリスクがあるのがデメリットといえます。

包茎手術はするべきか、しないべきか

“包茎手術は緊急性のあるものではありませんし日常生活において何ら支障をきたすものではありません。

手術に迫られる場合としては子作りをするさいにその機能を果たせない場合で残りのほとんどの理由は美容が目的になります。

特に真性包茎や嵌頓包茎では正常なセックスが困難ですし、これらが短小の原因にもなっている場合があり、このため将来的に子供を作りたいと考えている場合にはあらかじめ手術を受けて改善するだけの価値はあります。

子供

一方で仮性包茎の場合にはほぼ美容を目的としたものになり、費用も全額自己負担ですが亀頭が露出することでペニスが大きくなりやすいこと、また清潔に保てるといったメリットがあり、それらを目的とするのであれば十分に効果が期待できるものです。

包茎手術そのものは、それほど難しいものではなく簡単な手術なのですがデメリットとしては傷跡が残ることです。

包皮を切除するという都合上、必ず縫合しなければなりませんから傷跡はある程度は仕方がありませんが、それでも医師の腕や縫合術によって傷跡を最小限にすることができる可能性があります。

このため見た目を気にするのであれば手術を行うのであれば手術跡が目立たない縫合術を使っているクリニックを選ぶことが重要です。

また包茎は手術でなくても包茎を改善できるケースがあります。

そもそも皮膚は伸びるもので時間をかけて伸ばしていけば包茎の状態を改善できる場合があり、また短小もトレーニングによってある程度改善できる場合があります。

これらの方法は傷跡が残らないメリットがありますが、時間が掛かり効果も限定的なのがデメリットといえます。