【ロン毛は厳禁?】ハゲを隠せる髪型ベスト3

ハゲが長髪をしてはいけない理由

髪の薄いみなさんはどのような髪型をしているでしょうか。

出来るだけ髪型でハゲを隠したいという方も多いと思います。

髪が長ければハゲが隠れてつと思ってる方がも多いでしょう。

しかしそこには大きな落とし穴があります。

なぜ髪の少ない人の人は長髪にしてはいけないのか。

それは、髪が長ければ長いほど髪の重さは重くなります。

それによって、毛根への負担が増えてしまいます。

そして、髪が細くなる原因にもなってしまいます。

ロン毛

更に長髪の場合短い髪型に比べて髪に空気があまり入らず、髪の量を少なく見せてしまう効果もあります。

髪を伸ばしてハゲてる部分を隠すというより、更に薄い部分を増やしてしまう原因になるのでハゲの方に長髪はお勧めできません。

ハゲをイケメンに変える3つの髪型

ハゲをイケメンに変えるヘアスタイルどのようなものがあるでしょうか。

まず一つが、ソフトモヒカンです。

ソフトモヒカン
ハゲている、髪が薄い部分がかえって目立ってしまうと心配する方も多いと思います。

しかし、心配は無用です。

なぜなら、髪が多い人よりも髪が少ない人の方がソフトモヒカンは似合うからです。

地肌が多少見えたとしても、このヘアスタイルなら気になることはありません。

同じように、スポーツ刈りも髪が少ない方にはお勧めです。

この二つのヘアスタイルだと、髪型自体がとても爽やかでスッキリ見えます。

髪が多い人の方が実は難しい髪型なのです。

なぜかというと、この二つの髪型は手入れが大変です。

つまり美容院や床屋でまめに切ってもらわないと綺麗な状態で保つのが難しいのです。

ですが、ハゲの人は髪が少ないことや伸びにくいことがかえってこの二つの髪型には生きます。

髪の量が少なくても、ソフトモヒカンとスポーツ刈りだったら美容院で切ってもらって時間が経っても髪型が崩れにくいです。

更に夏場汗をかいても髪がぺたっとなりにくく、長髪のように髪が少なく見えることもありません。

そして、もう一つのお勧めの髪型は思い切って丸坊主です。

丸坊主こそ抵抗を感じる人が多いでしょう。

ですが、最終手段としてだけではなくおしゃれという点でも男性をカッコ良く見せてくれる髪型です。

ハゲだから丸坊主にするという考え方ではなく、おしゃれで坊主にするなら気持ちも違います。

それは表情にも現れるでしょう。

この三つの髪型だったら、ハゲのあなたを素敵に見せてくれるはずです。

しかし、一番大切なのは気持ちです。

ハゲだからそのヘアスタイルにするのではなく、おしゃれでその髪型にするのです。

内側の魅力も重なって更に素敵な男性になれるでしょう。

ハゲはそれほどダメか?ハゲの人口と結婚率を調べてみた

結婚率
ハゲの人口どのくらいなのでしょうか。

まず世界基準で見てみます。

一位はチェコ、二位はスペイン、三位はドイツとヨーロッパの国がランクインしています。

そして日本の順位はというと、14位でした。

世界の21の国での順位なので国基準で考えると少ないということになります。

そして、日本国内でのハゲの割合はどうでしょう。

あるデータによると15歳以上の男女を対象に行ったアンケートで、髪の量を気にしている人は38%という結果が出たそうです。

つまり、三人に一人は髪の量を気にしていることになります。

男性だけを見ると、だいたい年齢と同じくハゲの人口率もあがっていくようです。

20代で約20%、30代で約30%。

年齢を重ねるごとに、周りでもハゲている人が増えていくことを実感すると思います。

次に、このハゲの人口と結婚率を見て見るとどのような結果が出るのでしょうか。

たしかにハゲの人は第一印象で遅れをとってしまう場合もあります。

しかし、逆の捉え方をするとまだそこからプラスにできるということです。

第一印象の良いイケメンは、100から始まるので知れば知るほど下がることの方が多いです。

そして、結婚率をみると50になるまでに未婚の男性は約25%。

50歳でハゲの人口が50%ということを考えると、最低でもハゲの半分の人は結婚出来ているという結果になります。

ハゲは、武器です。

髪が薄いからこそ似合うおしゃれな髪型で中身でも勝負し、素敵な未来を掴みましょう。