クラミジアの初期症状と治療法

病院

クラミジアとは一体なにか

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスに感染する事で発症する感染症とされ、

性病の性器クラミジアは日本国内に100万人以上の感染患者がいると推測されており、
性器クラミジアは感染症法に従って報告する必要のある5類感染症に分類されている感染症です。

バイキン

クラミジア・トラコマチスは、インフルエンザウイルスの様に短時間で爆発的に増殖を繰り返し事は無く、約72時間程度のサイクルで増殖を繰り返すので、
大半の感染患者に炎症による痛みや痒み発熱などの自覚症状が発症する事は無く
感染に気付かず複数の人と性行為を重ね感染を拡大する恐れがあります。

適切な治療が遅れ重症化するケースも多く、女性に限らず男性も不妊症の発症原因となるケースがあります。

クラミジアの感染率と治療法

クラミジアは、クラミジアの感染予防法として最も効果的なコンドームを装着していないセックス1回で約50%の確率で感染すると言われるほど感染確率が非常に高く、

近年では口を使ったオーラルセックスの普及により口腔内や咽頭部に感染してしまう感染患者が多くいます。

クラミジアは、2週間〜3週間の潜伏期間を経て発症し外部生殖器や肛門の周辺に水疱や潰瘍などの症状が現れますが、

特に女性は膣や子宮で繁殖し菌が感染患部を卵管や卵巣、腹膜まで拡大し卵管炎や骨盤内腹膜炎や肝周囲炎などの合併症を発症するリスクがあります。

落ち込む

治療法は、テトラサイクリン系ミノサイクリン、マクロライド系のジスロマック、ニューキノロン系のクラビットなどの抗生物質による薬物療法が行われいます。

クラミジア治療の第一選択薬ジスロマックは、従来の治療薬の主成分エリスロマイシンに窒素原子を付加させる事により、

感染患部への移行性を高めたアジスロマイシンを主成分とする事で少量の医薬成分でも十分な医薬効果が得られ、

胃酸の影響を受ける事無く小腸に到達し、長時間にわたり医薬成分を放出する特殊製剤法マイクロスウエアを導入する事で、
1回の服用で性器クラミジアの治療を終える事が出来ます。

ジスロマックは、一般的には1日3回アジスロマイシン力価500mgの服用を3日間継続し、

ジスロマックSRはアジスロマイシン力価1,000mgを1回回服用しますが、

アジスロマイシンは高濃度になると腎臓で再結晶し排泄障害や血液障害などの重篤な副作用を発症するので治療中は出来るだけ水分補給する必要があります。

しかし、ジスロマックは、人間の細胞に対して医薬効果を示さ無い安全性の高い抗生物質とされ、従来の治療薬に比べて下痢や腹痛、嘔吐、頭痛、発熱などの副作用の発症頻度が低くなっています。

性病検査は無料でできる?検査をしている公的機関について

クラミジアは、全国の保健所や保健センター及び地方自治体の定める検査施設や医療機関で、
無料で検査を受ける事が出来ます。

血液を少量採取する血液検査と男性に行われる尿検査、女性に行われるおりものの検査、
咽頭部の粘膜検査などの検査が行われていますが、検査方法は保健所や自治体の定める検査施設によって異なります。

無料検査は、医療機関の有料検査に比べてクラミジアとHIV、梅毒、淋病と検査項目が少ない点が気になる検査希望者もいますが、

病院の様に氏名や住所などの個人情報を告知する必要が無く匿名で検査を受ける事ができ

即日検査結果を聞く事が出来る保健所や自治体の定める検査施設もあります。

医療

しかし、多くの検査所では、検査に1週間〜2週間程度の期間を要する保健所や検査施設が多く、日を改めて検査結果を面談で教えて貰う必要があります。

保健所や自治体の定める検査施設は、個人情報の告知を受けていないので検査結果を郵送で受ける事や、電話で教えて貰う事は出来ないデメリットがあります。

無料検査は、診察時間中なら時間や日にちを問わず検査可能な医療機関の有料検査とは大きく異なり、

検査受付日や検査時間などは保健所や自治体の定める検査施設が独自に告示する事が出来、
月に数回など毎日検査が行われていないので事前に検査日を確認しておく必要があります。

しかし、無料検査は、他の検査希望者と顔を合わせない様に工夫されているので病院の様に気を使う必要が無く恥ずかしい思いをしなくて済みます。