肌に良い食べ物・飲み物を徹底解説

はてな

肌荒れを予防する栄養素とは

脂っこいものは肌の天敵とも言われていますが、反対に肌荒れを予防してくれる食べ物も存在します。

しかしどのようなものを食べているかという考え方を持つのではなく、
むしろどんな栄養素を摂るべきかということに重点を置いてみると良いかもしれません。

油

例えばマヨネーズは脂っこくて、食べ過ぎると肌のトラブルを抱えると言われています。
しかし、最近では油を控えたヘルシーなものを店でも見かけることが多くなり、決してすべてのマヨネーズが肌荒れをもたらすとは言い切れないのです。

重要なのはその製品にどのような栄養素が含まれているかを見極めることです。

特にタンパク質やビタミンCは肌の潤いを保つ効果があるので、できれば毎日欠かさず取りたいものです。

お肌にコラーゲンがいいのは本当か

透き通ったようなきれいな肌を保てている人に共通しているのが、コラーゲンのバランスが良いという点はおそらく有名なのではないでしょうか。

タンパク質の一種であり、コラーゲンが配合された化粧品やコスメ用品を使用することで効果を十分に期待できます。

コラーゲンは基本的に体全体に豊富に行き渡ることで細胞が活性化されていくため、
骨の部分と臓器などを優しく結合してくれることが可能になるのです。

細胞がしっかりと活性化されることで水分を保持する力が増加して、そこで初めて肌に潤いを与えてくれる仕組みになっています。

実はコラーゲンは普通の食事をしているだけでも自然と摂取できる栄養素なのです。
しかし、コラーゲンは少量のダメージだけでも簡単に破壊されてしまうという最大の弱点があります。

「秋田美人」などと呼ばれている人たちは比較的日照時間が少ない地方で生活していることが多く、日光を直に浴びる時間が限られています。
紫外線はコラーゲンの天敵とも呼ばれる程、もはや一般人にも定着していることでしょう。

そのため農家などの外で力仕事をしている人ほど、自然と肌の弾力を破壊されやすい傾向にあるのです。

また、コラーゲンは体全体に行き渡るため、肌の部分だけがダメージを受けると体全体に何かしらの肌トラブルを招きやすい危険性もあるのです。

太陽

しかしながら、人間は紫外線を完全に遮断してしまうのも良くないとされるため、肌を守る栄養素を摂取する必要があります。

最も良い方法は毎日水を2リットル以上摂るか、もしくは良質なタンパク質が入ったものを積極的に食べていくことがコラーゲンを守るための近道になります。

コラーゲンの量はあまり重要ではなく、どのようにして体内に保てるかを意識すると良いでしょう。

実際にお肌に良い食べ物・飲み物を一覧にして解説

美しい肌を手に入れるためには外から化粧などでカバーするのではなく、体内から食べ物によって作り変えることが重要なのです。

特にタンパク質やビタミンCは必須であり、これらが何年にもわたって体に蓄積されることで美肌が保てると言われています。

栄養

例えばステーキはコラーゲンは良質なタンパク質を最大限に摂取できるのです。
肉類は脂っこいということであまり摂るべきではないという認識が強いかもしれませんが、実は毎日食べても良いほどなのです。

特に塩や胡椒のみで味付けされたステーキは不要な添加物などがなく、主にコラーゲンを十分に摂れる食べ物です。

また最近ではベータ―カロテンと言われる成分にも注目されています。
これは体内に入るとビタミンAとして働くのですが、何よりも皮膚や粘膜を丈夫にして肌荒れを予防する効果がかなり高いと言われています。
にんじんなどの色が濃い野菜に含まれていて、美肌の効果はビタミンCの数十倍というすさまじい効果が期待できます。

にんじんはゆでたり煮たりする事よりも、油で炒めることでベータカロテンをほとんど失うことなく体内に取り入れる事ができます。

にんじんのナムルは油で炒めることで美肌に良いとされているため、現在の有名な料理になったと言われています。

笑顔

夏野菜や柑橘類に多く含まれているビタミンCは水に溶けやすい傾向がありため、なるべく生で食べるサラダなどが良いでしょう。

また水を適度に飲むことで、体内のコラーゲンの保持力を高めることも可能です。