ハゲ治療について

ハゲ

ハゲるメカニズムとは

髪の毛が少ない人ほどフケて見えると言われますが、男性にとっては年齢を重ねるにつれて誰にでも経験する可能性は高いです。

男性型脱毛症のメカニズムについては20世紀ころから数々の研究を積み重ねてきましたが、科学的な要因は実証されていないのです。

しかし最近ではハゲる要因は遺伝子的に決まっていたり、普段の食生活やストレスに大きく関連しているという意見も出ています。

ストレス
やはり現代人の代表格とも呼ばれる生活習慣病によって引き起こされやすい傾向にあります。

また現在は平均年齢が高まっているため、歳を重ねるにつれて髪の毛の弾力が弱まるのは事実です。

昔の人はハゲる前には命を落とすことが多かったため、頭がハゲてしまっても決して命にかかわるような心配はありません。

ハゲを改善する3つの方法

実は人の頭皮はかなり敏感なもので、わずかな炎症を起こしただけでも髪の毛が抜けやすくなります。

よってシャンプーなどによるヘアケアはあまり頭皮に負担がかからないように、ゆっくりと行うことが大切です。

そのためにもなるべく一日に何度も風呂に入って、髪をゴシゴシと洗い流すのは避けなければなりません。

また食事を変えることでハゲが改善する場合もあります。

髪の毛はほとんどがタンパク質でできているので、なるべく良質なタンパク質を毎日摂る必要があります。

そしてイソフラボンという大豆成分が近年人気が高まっていますが、これは女性ホルモンの補給する効果があります。

ハゲている人はどうしても男性ホルモンが多い傾向があるので、女性ホルモンに似た成分を取り入れる事で髪の毛が生えてきたり弾力が増したりする効果が高いと言われています。

良質なタンパク質とイソフラボンを豊富に含んだ有名な食品は、納豆などの大豆製品に多いです。

納豆
納豆菌は非常に頭皮の新陳代謝を改善する働きがあるため、できれば毎日積極的に摂りたいものです。

また亜鉛も頭皮の血行を良くする働きがあり、レバーや牡蠣などに多く含まれています。

しかしこの成分は現代人が最も不足している栄養素とも言われ、普段から摂取することが困難です。

それでも亜鉛を含んだサプリメントが薬局を中心に販売している店が多くなったため、気軽に入手することは可能です。

成人男性で一日に約10ミリグラム程摂ることが望ましいため普通の食事ではなかなか厳しいですが、サプリメントを使用することで頭部の血行を補うことができる可能性が高まります。

そして睡眠時間が短い場合は、体よりもむしろ頭皮や髪の毛にストレスがかかりやすいため、適度な睡眠時間を確保しましょう。

AGA治療とは

薄毛治療においては、AGAという言葉はよく耳にするようになっていると思われます。

これは主に若い世代を中心としたハゲを改善するという意味合いが強く、一般にAGA治療とも呼ばれています。

最近では20代から30代の世代の人も頭がハゲやすい傾向が強いことが分かってきました。

しかも地頭頂部がまるで楕円形を描くようなM字型のハゲが進行する症状が多くみられます。

通常はハゲる場合は頭部からみてO字型を描くようになりますが、ホルモンバランスの分泌量が悪化することによりM字型に変わる現象が起こりうるとも言われています。

O字型は食事を変えることで改善される場合が多いですが、ホルモンによって起こるM字型を治療する場合は、男性ホルモンの作用や食事やストレスなどの生活習慣を見直すことから始める必要があります。

生活習慣
AGA治療はこのような生活を見直すと同時に薄毛の要因を追求していくような過程でもあります。

主な内容は薬剤を外部から塗ったり、もしくは体の内部から服用する方法があります。

体内から薬剤を取り入れる事はあまり良くないイメージが強いですが、神経細胞にほとんど刺激を与えることがないとされ、緩やかな回復が期待できます。

また薬剤を外部から塗る場合は加えて、頭皮のマッサージを施すケースがあります。

これによって頭皮と脳内の神経をリラックスされることで、頭部の血行が改善されて髪の毛の弾力が強まることがあります。

若い人ほど自然治癒力が高いため、どちらかというと20代の方は薬剤を外部から使用する方が効果が出やすいと言われています。